30代の若者サラリーマンが不動産投資をするには

サラリーマン不動産投資TOP >> 基礎知識 >> 30代の若者サラリーマンが不動産投資をするには

30代の若者サラリーマンが不動産投資をするには

30代になると20代の頃よりも収入が増えてきます。逆に色々な出費が出てくる頃とも言えますが、不動産投資を始めるための資金が貯まりやすいのは、30代以降の人が多くなります。これから資金を貯めようと思った場合でも、しっかりと節約をしていけば数年でマンション購入のための頭金を用意することもできるはずです。もちろん30代サラリーマンでも収入はそれぞれですが、ここでは不動産投資を始めようと考える人を基準に考えていきます。

不動産投資を始めるなら、最初の資金は多ければ多いほど良いのは確かです。しかし30代にして1,000万円以上の貯蓄がある人はまれです。そのため基本的には住宅ローンを利用することになります。30代のサラリーマンになると信用も得られやすくなるため、不動産も購入しやすくなります。このようなところも、30代から不動産投資を始める人が多い理由の1つです。

まずどれくらいのお金を用意するのかを考えてみてください。不動産投資といっても、最初からアパートなどを1棟というスタートは厳しいです。最初は自分の手が出せる範囲から考えてください。たとえばワンルームマンションです。安いところなら数百万円でそのまま購入することもできますが、相場を見ても1,000万円から不動産投資を始められます。300万円あれば頭金としては十分なので、そこから住宅ローンを組んでワンルームマンションの購入という方法が始めやすいです。

マンションの購入は、不動産投資で始めやすいスタイルです。これが一棟マンションやアパートの場合は、建物だけではなく土地の購入も必要になり、最初からかなりの金額が必要になります。木造アパートでも数千万円からのスタートということになるのです。いきなり大きなスタートをしようとすると、上手くいかないときの損失も大きなものになってしまいます。30代から不動産投資を始めれば長く続けられるので、着実にステップアップしていきましょう。

住宅ローンは返済まで30年前後というケースが多いです。そう考えると、30代からスタートすれば住宅ローンの返済をする頃には定年を迎える年になります。不動産投資が軌道に乗れば、途中から一気に返済して次の物件の購入も検討できるようになるのですが、まずは最初の物件のローンをしっかり返済できるように計画を立ててください。このようなリスク管理を積み重ねることが、不動産投資で失敗しないコツです。

30代のサラリーマンは不動産投資を始めやすい年代ですが、だからこそどのように始めていくのかもしっかり考えていきましょう。

サラリーマンにピッタリ!不動産投資サービス人気ランキング

  サービス名 料金 サービス種類 オススメ度数 詳細
不動産投資一括資料請求【Oh!Ya(オーヤ)】 無料 一括資料請求 ★★★★★ 詳細



 ⇒ 2位以降のサービス(ランキング)もチェックする!


Copyright (C) 2017 サラリーマンの不動産投資navi All Rights Reserved.