サラリーマンの不動産投資は危険?

サラリーマン不動産投資TOP >> 基礎知識 >> サラリーマンの不動産投資は危険?

サラリーマンの不動産投資は危険?

大家として家賃収入を得る不動産投資ですが、サラリーマンがそれをすることは危険なのかどうか。この部分が気になって、興味はあるけど始められないという人も沢山います。不労所得とも言われていますが、実際のところはただ不動産物件を持っていてもそれだけでお金が入ってくるわけではありません。ある程度の軌道に乗って、そのうえで安定してきたところで不労所得と言えるくらいの状態になるのです。最初からすべて上手くいくわけではないので、その点には注意してください。

実際のところ、この不動産投資は危険なのかどうかという話になります。どんな投資にも言えますが、万事うまくいくものはありません。何かしらのリスクを抱えているのです。しかしそのリスクをまったく知らない場合に比べて、リスクの存在を知って対策をできているなら、危険な度合いを下げることができます。何も知らずに言われるまま始めてしまうようでは、危険な投資と言わざるを得ません。しかし成功のために必要なことを勉強できている人は、成功している人が多い投資方法なのです。

不動産投資は投資金額が大きいという特徴があります。株やFXであれば数万から数十万円くらいあればスタートできますが、不動産だとその程度では上手くいきません。たとえ中古であっても物件を買うことになるのですから、500万円以上は必要だと考えてください。もちろん不動産物件によってはもっと安く手に入れられるものもあります。しかしそれだけ安い物件へ、安定して人が入るのかどうかは別問題です。たとえ入ったとしても家賃は低めで、利益も少なくなってしまいます。

一番恐ろしいのは、空室ができてしまうことです。その物件に人が入っていなければ、収入はゼロです。それどころか諸経費でマイナスになってしまいます。そんな状態でも住宅ローンの返済は続くので、どんどんマイナスになって気が滅入ってしまいます。また不動産投資をやめようと思っても、物件は流動性が低いものなのですぐに手放せるとは限りません。こういう部分が、不動産投資は危険という印象につながっています。

たとえ不動産投資であったとしても、リスク管理はしっかりしなければなりません。それでも失敗をしてしまうこともあるのですから、あとは努力と運次第という部分もあります。しかし一度軌道に乗ってしまえば安定性はほかの投資よりも高いことは確かです。不動産投資のメリットとデメリットについて知り、成功できるように努力し続けることが必要なのだと考えてください。

サラリーマンにピッタリ!不動産投資サービス人気ランキング

  サービス名 料金 サービス種類 オススメ度数 詳細
不動産投資一括資料請求【Oh!Ya(オーヤ)】 無料 一括資料請求 ★★★★★ 詳細



 ⇒ 2位以降のサービス(ランキング)もチェックする!


Copyright (C) 2017 サラリーマンの不動産投資navi All Rights Reserved.