サラリーマンの不動産投資は副業規定にひっかかる?

サラリーマン不動産投資TOP >> 基礎知識 >> サラリーマンの不動産投資は副業規定にひっかかる?

サラリーマンの不動産投資は副業規定にひっかかる?

サラリーマンとして働いている中で、自分の給料に満足をしている人はどれだけいるでしょうか。仕事の内容を考えれば満足しているという人はいても、その金額が将来の自分にとってどうなのかを考えたとき、全然足りないと感じる人も多いのではないでしょうか。

仕事を頑張って給料が高くなることが一番なのですが、そう簡単に上手くいく方法ではありません。これはどんな会社に勤めているのかによって異なる部分もあり、実際に給料が上がっても満足できる結果ではなかったと言うこともあります。そんな人におすすめできる方法が不動産投資です。

不動産を購入して人に貸す。不動産投資のことをシンプルに説明するなら、たったこれだけのことです。これなら自分にもできるかもしれない。こう考える人も多く実際に始める人も多いのですが、そこで1つ気になる問題が出てきます。これは副業規定に引っかかってしまうのではないかというものです。

会社によって、副業規定の内容はバラバラです。そのためグレーゾーンとも言われています。全面的に禁止をしているところもあればOKなところもあり、どんな内容なのかによってケースバイケースというパターンもあります。そのため不動産投資に対しても消極的になってしまう人もいるのですが、実際のところ不動産投資は副業規定に引っかかりにくいというメリットもあります。

誰かに雇われて仕事をするという形での副業なら問題があるかもしれませんが、不動産投資はその名の通り投資です。たとえば就業中に、不動産投資の情報を集めたり手続きや連絡などをしたりするのは問題ですが、仕事と不動産投資をしっかりと分けられる人なら問題になることはほとんどありません。とても厳しい会社の場合は評価に響いてしまうこともありますが、気になる人は会社の副業規定を調べたり実際に確認をしたりしてみてください。

サラリーマンではなく公務員の場合は、不動産投資を兼業と見なす基準を明確に定めています。しかしサラリーマンの場合は、そこまで厳しくないのが現実です。また銀行勤務の場合は、インサイダー取引防止のために投資自体を禁止している場合もあります。サラリーマンと言っても働き方は様々なので、事前確認は重要です。

一般的に、サラリーマンが不動産投資をすることは問題ありません。気になる人は、実際に社内で同じことをしている人がいないのか探りを入れてみるのも良いでしょう。しかし厳しい会社もあり、何も届けなければ評価に響くことがある点に注意してください。せっかく不動産投資をするのですから、安心してできる環境作りも重要です。

サラリーマンにピッタリ!不動産投資サービス人気ランキング

  サービス名 料金 サービス種類 オススメ度数 詳細
不動産投資一括資料請求【Oh!Ya(オーヤ)】 無料 一括資料請求 ★★★★★ 詳細



 ⇒ 2位以降のサービス(ランキング)もチェックする!


Copyright (C) 2017 サラリーマンの不動産投資navi All Rights Reserved.